tendoguitar.com

ギターのリフィニッシュ 塗装剥がし編

この前手に入れたwashburnのMG122ってギター!
Washburn MG122

弾きやすいんだけど色が気に入ってないので
塗装の上からペイントしようと思ったけど全部塗装剥がしてみる事に!

やり方はよくわかんないから何となくで…

検索とかしたらアイロンの熱で一気に剥がすみたいな事書いてあったので
ちょうど横に置いてあったハロゲンヒーターにギターを近づけて柔らかくなった部分から
剥がして行く作戦!

ペリッ!って感じで。

どんどん剥がしてく。

専用工具とか無いから結構大変!
検索したりするとヘラみたいなので剥がしてたけどそんなの無かったのでピックで剥がして行く。

夜中の1時位に開始して
表面のつるつるしてる部分を一通り剥がし終えたのが3時くらい?

こんな感じ。

あれ、なんか迷彩柄っぽくてカッコいい…かも。
ここでヤメようかなって一瞬思ったけど続行。

裏面も剥がしてく。

4時頃に力尽きて初日はここまで。

2日目

残った部分をサンドペーパーで落として行く。
ホームセンターで150〜1000くらいまで入ってたセットのやつでとりあえずやってみる。

かなり大変…って事に気付く。
そして部屋の中でやっちゃ行けないんだなって気付く。

もっかいホームセンター行って電動の工具買って来て続行。

もう部屋中、木の屑まみれになってヤケクソで一気にサンディングして
一通り完了!?

予想してたよりキレイに出来た気がする〜!

しばらく無塗装で試しに使ってみる。

「ギターのリフィニッシュ 塗装剥がし編」につづく…